PageTopへ

スペインです−5日目−


コルドバ、イスラム文化が薫る都  スペインでの初詣…

イスラム強寺院の中にキリスト教の礼拝堂が…メスキータ

入った途端、私の前世を視せられた。私はここにいた。

たくさんの人が集まって来た。
手を合わせて祈り始める…
たくさんの声が聞こえる。
一人ずつ話してくれないからざわついた環境の中で懐かしい気持に浸りながら…自分の中で喜び?哀しみ?感動?解らないけど…涙がとまらなくて…ここから離れたくないとまで思えた。

でも…前世で私は欲張りになりすぎたのか、何人かの人が、凄く…恐い目で私を睨みつける。

重くるしい空気と洗礼された清らかな空気が場所によって違って…

たくさんの人達に囲まれながら…自然と祭壇の前で手を合わせている自分がいる

寺院を出て…中で起きたことを考えながら、また、自分を知る…。

今、今世で私は何をすべきか…
いっぱいいっぱい考えてみる…

その夜…また眠れず…窓からスペインの町をじっと眺める…



スペインです−4日目−

mini_111231_18110001.jpg
グラナダにて 真っ青な空


白い村…ミハス
アンダルシア
ロバの車があちらこちらに…
神戸の異人館に似た村
小さな村


昼からセビリアへ行く
カテドラルやヒラルダの塔、世界遺産のアルカサル…

mini_120101_0128.jpgスペインの夜…
スペインで年を迎える

日本はもうすでに年を迎えて2012年…
色んなことが、あった2011年…

辛い別れ…
引越し…新しい私の城
仕事の転機…
深まる友情
大事な新しい仲間 
逃げ出したくなる恐い想いを…
心の病気が悪化して…
新しいたくさんの出逢い…

色んなことが、あった一年が終わろうとしている…


スペインです−3日目−

バルセロナからバレンシア…。

世界遺産 アンハンブラ宮殿 少し恐い感じがした…

傲慢、威厳、嫉妬… 色んな想いが詰まってるお城
mini_111231_00440001.jpg
重くるしい…人々の叫び…。
闇に葬られた…哀しい叫び…。

王の威厳を保つため
王の嫉妬が何人もの命を奪い

哀しい叫び
闇の城…素敵な城なのに私には王やたくさんの人びとの寂しい心を感じる…

夜はジプシーから始まったフラミンゴ…

冷たい夜…
眠れない夜…


スペインです-1日目・2日目-


スペインの地に…
色んな想いを沢山残して…ここに私はいる

まだ、気持の整理も付かないまま…楽しい旅行になるのか…今は何も考えず…

2日目
バルセロナにて「サクラダ・ファミリア」「ピカソ美術館」「グエル公園」
天才と言われている著名人の作品…

mini_111229_1729.jpg「サクラダ・ファミリア」建築家アントニオ・ガウディ、普段は乞食のようかな身なりで建築だけの生活
その作品は死んでなお、引き継がれ、完成のない、教会…。

入った瞬間、洗礼されか空気間の中に、重くるしいたくさんの神が集まった場所…。

たくさんの色んな国からの神に近い人、神の集まりが、騒ぎたてるように、それぞれの願いや魂が飛び交う。

少し落ち着きのないこの空間…。
きっと完成するまで、ずっとこんな状態なんだろう。
mini_111229_1850.jpg
「ピカソ美術館」何より周りの路地裏や店先がわたしには心地よく、何だかゆっくりとした空気が流れてる。
作品は素晴らしかったけど、ピカソの生き方そのものが人間臭く、少しだけ天才も人間なんたって…思ったり…


今、私がここにいる意味をしっかりと考えてみる…
私の存在はちっぽけだけど…
私の生きていた意味、生かされている意味は必ずある…

大それたことは出来なくても…
誰かにとってかけがえのない存在や誰かの為に少しだけでもいい…力になれれば…生まれてきたことが、生きている生かされていることが、無駄ではないと言えるんだろうか…
…きっとそうなんだょ!

人の為に…役に立つより

人に迷惑をかける方が多い…

それでも…
それでも…

私はそこにいていいんだろうか…

1

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

search this blog.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM